4年の闘病を経て9歳の息子が死んだ時、母は涙を流さなかった。その理由を知って、泣いた。
2023/07/19

広告

少年の言葉で心を打たれた『がんばれば、幸せになれるよ』。闘病中の少年が遺した言葉を母親が綴った本で、多くの人に感動を与えました。少年は小児がんと闘いながらも、家族への思いやりを忘れず、諦めずに生きる姿勢を示しました。幼い頃は元気な男の子だった彼が、5歳でユーイング肉腫という難病にかかり、再発と手術を繰り返しました。最期の時も痛みに耐え、母親を励まそうとしました。彼の言葉には生きる力と願いが込められており、その姿勢に多くの人が感銘を受けました。彼の言葉は、生きることの大切さや家族への愛情を教えてくれます。直也くんの勇敢な姿勢に感謝し、彼の本を読んでみましょう。

広告

AD
記事
速報