母親は未熟児として生まれた息子の近くに「手袋」を置いて帰る。翌日にその意味を知り看護師は感動し涙する。。。。
2023/05/21

広告

2001年、未熟児として生まれたザカリーの母親、ヤミールは、病気を抱えながらも毎日病院で息子の治療に立ち会いました。しかし、夜間は面会が認められていなかったため、母親と一緒にいることができない悔しさに苦しんでいました。そんなある日、彼女は自宅で手袋にリンシードを詰め、息子の隣に持って行き、自分の匂いを残して帰ることを思いつきました。翌日、医師たちは手袋がザカリーの睡眠の安定化に大きな効果をもたらしたことに感動しました。これを機に、ヤミールは100種類ほどの手袋を作り、多くの病院で使用されるようになりました。ザカリーは今や健康に成長し、母親のアイデアが多くの幼児たちの安眠に役立っていることを誇りに思っています。

広告

広告

AD
記事
動画
速報