お風呂で「排尿」すると大変なことに⇒そのデメリットの数々が恐ろしい…
2023/10/22

広告

お風呂でおしっこをする理由はいくつかあります。まず、腎臓の動きが活発になり、おしっこが作られやすくなるためです。また、体がリラックスし筋肉が緩むため、おしっこが出やすくなります。さらに、脳は水の音に反応しておしっこを促すこともあります。しかし、お風呂でおしっこをする行為は、面倒くさがりやの行動であり、我慢できない体になってしまうこともあります。また、体温が下がるため、おしっこが近くなることもあります。 一方、お風呂でおしっこをするメリットもあります。トイレットペーパーの無駄遣いが解消されたり、水道代の節約になったりします。また、気持ちが良い解放感を感じることもできます。さらに、生活排水は同じ場所に行くため、トイレとお風呂でおしっこすることは同じです。 しかし、お風呂でおしっこをするデメリットもあります。夜間頻尿やおねしょの原因になる可能性があったり、心因性頻尿の原因の一つになる可能性もあります。それは脳が環境に反応しておしっこを促すためです。 お風呂でおしっこをすることは個人の選択ですが、多くの人が行っています。しかし、将来のためには我慢の訓練をすることも一考するべきでしょう。

広告

AD
記事
動画
速報