息子が作った『夏休みの短歌』 オチに「将来は大物」「文才が光りすぎ!」
2023/07/28

広告

夏休みの宿題として短歌を詠むことになったボクサーの澤田京介さんの息子さんが、夏の一首で自分の気持ちを詠みたいと思い始める。夏休みで親子の時間が増えるが、親からの注意もある。息子さんは親の気持ちを汲み取り、笑いを届ける短歌を詠み、絶賛される。将来、彼自身も大人としての気持ちを理解し、母親の気持ちを詠むのかもしれない。

広告

AD
記事
速報