狭い檻の中から救出された1頭の熊。身体に巻き付けられているものを見た救出員は言葉を失う。。。。
2023/06/13

広告

中国で熊の胆汁を採取するための熊胆牧場が存在するが、そこでは多くの熊が劣悪な環境で生きており、生きたまま熊胆を採取される。動物保護団体「アニマル・アジア」が調査に訪れたところ、熊の身体に巻き付けられたコルセットをつけられたシーザーというメスの熊がいた。このコルセットは熊を生かしたまま胆汁を採取するためのもので、24時間365日熊がこの状態で生かされ続けていた。シーザーは保護され、必要な治療と愛情を注がれ、自然保護区で暮らしている。中国国内でも動物保護の意識が芽生え始め、批判する声も出てきている。アニマル・アジアはこうした牧場が将来完全になくなることを願っている。

広告

AD
記事
速報