「ママへ」忘れられたメモ帳が伝える言葉
2023/12/28

広告

娘が病院に持って行っていたカバンを片付けていた時、ドラマのワンシーンのような出来事がありました。ほとんど使われていなかったメモ帳を、なんとなく後ろからパラパラとめくってみると、そこには心を打つメッセージが隠されていました。「ママ!!」という言葉と共に、1ページに1つの温かな言葉が綴られていました。「大好きだよ」「愛してる」「必死におうえんしてる」「いつでも見てるよ」。そして「天国か地獄で」「だから」と続きます。 このシンプルながらも強い愛情のメッセージは、言葉を超えた絆を感じさせます。病院という厳しい環境の中で、お互いの存在がどれほどの支えとなっていたか。このメモ帳は、普段は言葉に出来ない家族の愛を形にした宝物です。 「天国か地獄で」というフレーズには、どんな状況でも変わらぬ愛を示す決意が込められているように思えます。そして最後の「だから」は、これから先、何が起きても愛は続くという、未完の約束のようです。

広告

AD
記事
速報