余命わずかの母は、4歳の娘に包丁を握らせた。10年後、母との約束を守り続けた娘が毎日作り出すものを見て涙が止まらない。
2023/07/23

広告

福岡県の14歳の安武はなさんは、毎朝起きて朝食とお弁当の準備をしています。彼女は5歳の頃から家事をこなしており、その背景には亡くなった乳がんで33歳の生涯を閉じた母との約束があります。彼女の母は妊娠することができず、ガンとの闘病生活を送りながらはなさんのために生きる力をつけさせる必要性を感じていました。そして彼女が亡くなる直前にはなさんに家事を教え始め、5歳の誕生日には朝ご飯の支度を任せることにしました。母を亡くしたはなさんは料理や家事全般を上手にこなすようになりました。そして、このストーリーは映画「はなちゃんのみそ汁」としても公開され、感動を呼びました。

広告

AD
記事
速報