祖国の為に散る決意をした青年「18歳の回天特攻隊員」が母に宛てた遺書、その内容に涙が止まらない…
2023/07/27

広告

回天特攻隊の若い特攻隊員が18歳で亡くなることを受けて書かれた遺書が話題になっています。特攻隊員は自分の命を捧げて敵を攻撃する戦術で、第二次世界大戦で日本で使用されました。この遺書には特攻隊員が母親に宛てて書いた手紙が含まれており、彼の名前と年齢からは若さが伺えます。彼は祖国と家族のために戦い、自分の命を失う恐れはありませんでしたが、最後には寂しさを感じたようです。この手紙は感銘を受けるものです。

広告

AD
記事
速報