大竹しのぶ、小悪魔な一面みせる“ひと目ぼれするタイプだけど飽きっぽい。ウフッ”「昔からつかみどころがないもんな」
2023/12/17

広告

大竹しのぶさんは、若いころから個性的な存在でありながら、大女優としてキャリアを築いてきました。彼女はデビュー当時から自由奔放な発言をしていましたが、可愛らしさも失われておらず、多くの人々を魅了しています。彼女のデビューはドラマ「ボクは女学生」であり、その後もさまざまな作品に出演しました。特に注目を浴びたのは「青春の門」という映画で、大胆なベッドシーンを演じたことでした。大竹さんは18歳の頃のインタビューで、学生生活やベッドシーンについて語っており、非常に庶民的で度胸のある態度を見せていました。彼女はまた、恋愛に対しても特徴的な考えを持っており、一目ぼれするもののすぐに飽きてしまうと話しています。将来については、女学生のような純真さを持ちながらも大人っぽい雰囲気を持ちたいと語っており、彼女の言葉通りになっていったと言えます。

広告

AD
記事
動画
速報