江戸時代から続くお弁当屋さんが『家庭での弁当作りでガクブルな点』を投稿「真夏はもちろんのこと、6月とか9月も要注意」
2023/05/24

広告

日本橋弁松総本店は江戸から続く老舗弁当店。お店はもちろん、ご家庭のお弁当作りでも食中毒予防には注意が必要。加熱、冷却、素手での詰め物、器具のアルコール消毒などがポイント。菌はバリエーションがあり、特に「黄色ブドウ球菌」は加熱しても毒素は残るため注意が必要。食中毒発生件数も増えているため、市販の弁当も自作弁当も安全なものを選ぶことが大事。昔よりも気温が高く、食べる側の耐性が弱くなったため、より一層気を引き締める必要がある。

広告

AD
記事
速報